ご挨拶

こんにちは。やまもと小児科院長の山本浩介です。
新潟大学を卒業後、県内外の病院で小児科医として小児科診療に携わり、平成20年4月に当院を開院しました。出身は栃木県で、実家がせんべい屋を営んでいたこともあり、今の土地にはなにかご縁を感じています。

地元密着型のドクターとしての役割を果たすだけでなく、子育てに悩みを抱えているご家族の方に信頼していただける、ゲートキーパーのような存在でありたいと思っています。

小さいお子さんをお持ちのお母さまも「こんなことで診てもらってもいいのかな」とご心配なさらず、まずは当院までお越しください。お子さんの心のこと、育児の心配ごとなど、どんな些細なことでも構いません。どうぞお気軽にご相談ください。

院長 山本 浩介

略歴

新潟大学医学部卒業。新潟大学小児科学教室に入局後、長岡中央総合病院、鶴岡市立荘内病院、村上総合病院などを経て、平成20年4月やまもと小児科を開院。

日本小児科学会小児科専門医
新潟大学医学博士